さいそくおーと

車のモデルチェンジやマイナーチェンジなど改良情報を予想しながら解説!

ダイハツ

ジムニーに対向するダイハツラガーが2022年に登場するかも

新型ラガーはスズキジムニー対抗してダイハツから発売?

ダイハツはジムニーに対抗する軽自動車SUVラガーを発売するかも

今はスズキのジムニーに対抗できる軽自動車は、ダイハツにはないですよね。でも、ジムニーを意識したダイハツの軽自動車、新型ラガー(New Rugger)が、2022年10月に発表するという噂があるよ。

アクロス走行に強いだけでなく、オンロードにも対応する新型ラガー。ジムニーに対抗するべくSUV軽自動車として登場、ラガーは新プラットフォーム採用で2WDも設定。
新型ラガーのボディサイズは、全長3395mm、全幅1475mm、全高1700mm。

新型ラガーは軽フローダーで、自動車情報サイトで紹介されているCGは4ドアスタイルで、タフトよりもさらにワイルドなタイトフィットスタイル、2022のトレンドなので、売れる可能性が高いと予想。

エクステリアデザインもタフトの派生になるかも

ラガーは、ラダーフレームや、パートタイム4WDなど、本格SUV装備は採用せず。オンロード性能を維持して、 FFでターボを採用する電子制御4WDが濃厚で、ジムニーと差別化を図る。

ダイハツ新型ラガーの内装は、自動車の質感に収まらず、パノラマルーフ採用など、遊びを取り入れる可能性が高いよ。アウトドアに適した装備が標準の可能性もあるかも。

センターアームレス、インパネシフトを採用して使い勝手を向上。メーターには最新テクノロジーを採用、ロッキーに搭載するダイナミックトルクコントロール4WDを採用。オンロードもオフロードも、快適に乗れるモデルを目指すよ。

旋回性能もより優れたものになり、新型ラガーの先進装備は最新のスマートアシストを採用するよ。

-ダイハツ
-